でりでりバーベQ 大阪 BBQお役立ちブログ

BBQの知りたい情報が満載!!

雨でもできる大阪のバーベキュースポット

      2017/07/05


「BBQの予定を立てたはいいものの、雨が心配……」
特にこれからの季節、そんなことを思う人も多いのではないでしょうか。

最近は毎年、夏の異常気象が話題になっています。
梅雨明けして本格的な夏がくる。入道雲がもくもく湧いて、スッキリした青い空が広がる晴天続き。いつBBQの予定を立ててもしっかり楽しめる!
そう思っていると、急に天気が下り坂になってゲリラ的な雨に見舞われる、といったことが珍しくありません。
もとはほとんどが「温帯気候」の日本列島ですが、地球温暖化の影響で東南アジアのような「亜熱帯気候」に移行しようとしている、という話があるようです。

というわけで、今回は雨でもできる大阪のBBQスポットを紹介します。雨をよけることが可能な屋根が頭上にある、そんなBBQスポットです。
運よく雨が降らなかった場合でも、屋根は夏の激しい日射しを避けるための日よけにもなるので便利だと思います。
夏のBBQの予定を立てるとき、ぜひ参考にしてみてください!

二色の浜公園

二色の浜公園大阪府貝塚市の大阪湾に面したエリアに広がる海辺の府営公園「二色の浜公園」には、無料で雨をよけつつ楽しめるBBQスポットがあります。
二色の浜公園は泉南地域を代表する自然豊かな公園で、海に接しているということもあってBBQスポットだけでなく海水浴場もあり、浜では潮干狩りなども楽しめます。

二色の浜公園とは?

二色の浜公園のWebサイトはコチラ

南海本線・二色浜駅から徒歩で約10分。府道64号線を西へまっすぐ行くと、やがて爽やかな潮風が吹く二色の浜公園の入り口が見えてきます。
「大阪府営 二色の浜公園」という看板と、公園のシンボルである船のマストをかたどったモニュメントが見えるのですぐにわかると思います。

二色の浜公園の歴史は、戦後すぐ、空の色を映す澄んだ海、濃い緑の松林が並ぶ景色を活かした「海水浴もできる公園」を目指して開発がスタートしたところから始まります。
1951年にオープンしたあとも折にふれて開発が進められ、現在では、色とりどりの遊具が並ぶ子ども向けの遊戯場や、テニス、野球といったスポーツを楽しめる「スポーツの森ゾーン」など、さまざまな用途に合わせて利用できる設備が整った多目的公園となっています。
年間を通して海水浴やBBQ、各種のスポーツを楽しむ人々で賑わい、砂浜に沿った松林の道をのんびり散歩する人の姿も見られます。

二色の浜公園のBBQスポット

夏、雨天でも晴天でも楽しめる二色の浜公園のBBQスポットは、府道64号線から公園に入ってすぐのところにあります。「BBQ可能区域」は予約不要、無料で利用できます。

「BBQ可能区域」の頭上には阪神高速湾岸線の高架が伸びており、高架下のエリアも開放されています。ここでコンロを立てれば、雨天でも焦らず、ゆっくり美味しくBBQを楽しめるでしょう。
BBQ可能区域は海水浴場からも近いので、晴天の日はBBQと海水浴をセットで楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、要予約で有料ではありますが、公園内の「海浜緑地」では屋根付きのBBQ施設を利用できます。
海浜緑地は、埋立地を活用して2000年にオープンしたエリアです。
海が深いので遊泳は禁止されているものの、水上オートバイやジェットボートで楽しむことができます。
爽快な海のレジャーとセットでBBQを楽しめるスポットなのです。

ロッジ舞洲

ロッジ舞浜大阪市此花区の「ロッジ舞洲」には、最大400人が雨や日射しを避けつつ楽しめる屋根付きのBBQスポットがあります。
有料で予約が必要なBBQスポットではありますが、緑豊かな自然の中にある洗練されたモダンなデザインのBBQ場で食事を楽しみ、隣接するコテージのエリアで1泊することも可能です。
ご家族で夏休みのお出かけをするにはピッタリのスポットといえるでしょう。

ロッジ舞洲とは?

ロッジ舞洲のWebサイトはコチラ

ロッジ舞洲は、大阪湾を埋め立ててできた人工島・舞洲にあるリゾートホテルです。
地下鉄・西九条駅から「舞洲スポーツアイランド行」の市営バスに乗って約30分、終点のバス停「舞洲スポーツアイランド」で下車すると、すぐ左手にロッジ舞洲のホテル棟が見えます。

舞洲を含む此花区は臨海工業地帯として栄えた歴史を持ち、実際バスで通る道の左右にはさまざまな企業の工場が建ち並んでいるのを目にしますが、ロッジ舞洲とその周辺は緑に囲まれた自然豊かなエリア。
夏には爽やかな青葉が茂り、敷地内のホテル棟やキャンプ場、メゾネット型のコテージでのんびりと憩いの日を過ごすことができます。

コテージエリアの周辺に、レンガ敷きの道がついた「森のガーデン」があるのもポイントです。初夏にはアジサイをはじめとする花々が咲き乱れ、散策する人の目を楽しませてくれます。

雨天でも利用できるロッジ舞洲のBBQスポット

ロッジ舞洲のBBQスポットは、コテージエリアに隣接する「森とリルのBBQフィールド」です。
緑深い森と開放的な芝生に囲まれた最大収容人数400人の「森とリルのBBQフィールド」は頑丈な屋根で雨から守られ、水道も完備。各席には使いやすいコンロが設置されています。
「でりでりバーベQ」で食材を注文していただければ、手ぶらでBBQを楽しむことが可能です。

でりでりバーベQでは「タープテント」をご用意します!

今回ご紹介した「二色の浜公園」「ロッジ舞洲」のほかにも大阪にはさまざまなBBQスポットがあり、よほどの土砂降りでなければ、屋根がないところでも雨天決行でBBQ大会を開催できます。

「でりでりバーベQ」ではBBQに必要な食材だけでなく脚付きコンロ、折りたたみのベンチ、テーブルなどの機材をご用意していますが、機材の中には雨よけ、日よけに便利なタープテントもあります。
テントは食材とセットでご注文いただければ、1張2,500円でご用意できます。

「お天気が心配だけど屋根付きのBBQスポットは遠い……」
そんな場合は、ぜひ「でりでりバーベQ」をご利用ください!


お電話での注文はコチラ06-6170-3811

 - 施設案内, 枚方, 淀川河川公園, 舞洲, 豊里