服部緑地公園のBBQ可能エリアは広くて自然が豊富!夜間利用も可能(2018年最新情報)

服部緑地公園

大阪府を代表する緑地のひとつである服部緑地公園。甲子園球場33個分にもおよぶ広大な敷地内にはBBQを楽しむための無料エリアと有料エリアが合わせて3つも用意されています。

樹木に囲まれ、小さな子ども向けの複合遊具もある【ちかくの森】や、青々とした芝生が広がる【谷あいの原っぱ】では無料でBBQが可能。予約も必要ありません

駐車場から近いこと、緑地公園駅から徒歩で行く場合も10分程度で到着できるのがポイントです。

春の桜、秋の紅葉など、1年を通して四季折々の自然を楽しみながらBBQができるのも魅力。【ちかくの森】と【谷あいの原っぱ】は夜間の利用も可能で、夏には花火を楽しむこともできます。

また、エリア内にある無料休憩所のレストハウスでは軽食の売店、授乳室なども充実しています。ファミリー揃っての利用も安心です。

服部緑地公園の無料バーベキューエリア基本情報

住所 〒561-0873 大阪府豊中市服部緑地公園1-1
無料BBQエリア ちかくの森谷あいの原っぱ
アクセス 北大阪急行(御堂筋線直通)「緑地公園」駅から徒歩5分(東中央広場まで)
→入り口までの道順を確認
阪急電鉄(宝塚線) 曽根駅から徒歩20分(西中央広場まで)
名神高速道路 豊中IC から約15分
阪神高速11号池田線 豊中南出入口 から約15分
阪神高速11号池田線 豊中北出入口 から約15分
→第1駐車場までの道順 →第4駐車場までの道順
駐車場 第1~第4駐車場合計:909台分
1時間まで420円 1時間から2時間まで520円
2時間から3時間まで620円 3時間から4時間まで720円
4時間から5時間まで830円 5時間から6時間まで930円
6時間から24時間まで1030円
利用可能時間 終日利用可能。管理事務所は17時半まで。

服部緑地公園限定のレンタルセットで手ぶらバーベキューが楽しめます!

服部緑地公園限定セットなら場所取りから設置・撤去まで全てでりでりバ~ベQが行います。お客様は現地でBBQを楽しむだけの格安レンタルセットです!

服部緑地公園【ちかくの森】無料バーベキューエリアの紹介

ちかくの森

無料でBBQが行える【ちかくの森】は、270台が駐車可能な第1駐車場から徒歩3分。第1駐車場の近くには自動販売機があるので、BBQのために持参した飲み物がなくなったとしても安心です。

服部緑地公園無料BBQエリアの中で唯一屋根のあるスペースがあり、雨が降っていてもバーベキューが可能です。日差しの強い日でも直射日光を避けられる便利な場所ですが、そこまで広いスペース(長椅子:大人10人×4と中央に大きめの椅子で50人程度)ではないため屋根ありスペースを利用したい場合は早朝からの場所取りは覚悟しておきましょう。

適度に木が生えており木陰になっている部分が多いので晴れやくもりの日なら屋根が無くても快適にBBQを楽しめる環境です。【ちかくの森】のすぐ隣には「民家集落南広場」がありますがここでのバーベキューは禁止されています。

【ちかくの森】は他にも魅力がいっぱい

噴水

無料のBBQエリアとして人気の【ちかくの森】のシンボルとなっているのは噴水と小川、また芝生を囲む豊富な緑。夏でも、水辺や木陰で涼しく過ごすことができ、特に日差しが強い日は小川での水遊びが子供たちに大人気!(噴水は3月下旬~11月の10時~16時で運転)

すぐ隣の広いグラウンドでバドミントンやフリスビー、ボール遊びを楽しめて、休憩はもちろん木陰でという使い勝手の良い広間です。夜には花火を楽しんだりできるのもポイントです。

近くには水道もあって、お子様が土遊びをしても問題なし!BBQの網や道具を洗う場所ではないので利用の際は注意しましょう。 余談ですが、【ちかくの森】には「近く」と「知覚」の2つの意味があるそうです!

第1駐車場から【ちかくの森】までの道順

第1駐車場

車を止め第1駐車場の奥の道より入場してください。

左手に日本民家集落博物館の入口

道を真っすぐに進んで行くと左手に日本民家集落博物館の入口が見えます。なお直進してください。

ちかくの森・噴水

噴水が見えてきます。噴水付近が「ちかくの森」の入口になります。

入り口(東中央広場)から【ちかくの森】までの道順

東中央広場より右斜め前方・横断歩道前

東中央広場入り口より右斜め前方に進み浅い階段を登ると横断歩道が見えます。横断歩道を渡って階段を上ってください。

円形花壇

階段を上りきると円形花壇が見えてきます。来た道を起点に時計周りで2つ目の外側の道より円形花壇を抜けてください。

坂道を登る

円形花壇を抜けると十字路があります。そこを右手に行き、進んで行くと【ちかくの森】に到着します。

服部緑地公園【谷あいの原っぱ】無料バーベキューエリアの紹介

谷あいの原っぱ

【谷あいの原っぱ】は77台駐車可能な第4駐車場から徒歩3分のところにある、無料のBBQエリア。

第4駐車場は駐車可能台数が第1駐車場に比べて少ないということもあり、満車時にはスポーツ広場の一部を臨時駐車場として使用できるようになります。

原っぱを囲うように木陰があり、そこから中心に埋まっていく形になるので木陰を狙う場合は少し早めに現地に行くことをオススメします。真ん中の原っぱでBBQをする場合は日よけになるタープテントは必須です!

原っぱの近くにはレストハウスもあり、炭や飲み物が販売されているので追加で購入したい場合にとても便利なエリアです。

【谷あいの原っぱ】の魅力は周辺施設

噴水

駐車場から近くレストハウスもある【谷あいの原っぱ】は子供連れのファミリー層にも大人気のエリアです。BBQを楽しんだあとは目の前の原っぱで好きなだけ遊べ、滑り台やブランコなどの遊具も利用可能。トイレも近く、文句なしの周辺施設です

小腹が空けば売店で軽食、赤ちゃんの授乳やオムツ交換も全てレストハウスでまかなえます!お酒好きの大人の方々のために売店にはビールやチューハイも揃っているのも魅力。

【谷あいの原っぱ】は広くてスポーツをしたり散歩をするには十分な広さがありますが、【ちかくの森】に比べ地面には凸凹があるため気づかずに歩いていると怪我をする可能性があるので足元には十分注意しましょう。

第4駐車場から【谷あいの原っぱ】までの道順

第4駐車場前の緑地公園入り口

第四駐車場前の横断歩道を渡って緑地公園内に入場してください。

第4駐車場前の緑地公園入り口前の道

入り口より直進してください。

谷あいの原っぱ

程なく谷あいの原っぱに到着します。

入り口(東中央広場)から【谷あいの原っぱ】までの道順

東中央広場より右斜め前方・横断歩道前

東中央広場より右斜め前方に進み浅い階段を登ると横断歩道が見えます。横断歩道を渡って階段の隣の道を直進してください。

レストハウス

隣の道を直進していくと途中、左手にレストハウスが見えます。

屋根

レストハウスを過ぎて直進していくと屋根が見えてきます。その手前の小道を入って行くと谷あいの原っぱに到着します。

服部緑地公園内、第1・第4駐車場までのアクセス

服部緑地公園

ちかくの森・谷あいの原っぱの最寄り駐車場である第1・第4駐車場までのアクセス方法はこちらから確認して下さい。

府道134号線の服部緑地前交差点まで進み、そこの案内板を起点とするとわかりやすいです。

第1駐車場までの道順

服部緑地前交差点より

府道134号線、服部緑地前交差点より案内に従い、服部緑地公園・第1駐車場に向かい直進します。第1駐車場には車で約2分ほどの道のりです。

酒屋のやまや

直進して行くと途中右手に、酒屋のやまやがあります。酒・飲料類はこちらで購入すると便利です。

第1駐車場

酒屋のやまやを超えてなお直進していくと左手に第1駐車場が見えます。

第4駐車場までの道順

服部緑地前交差点より

府道134号線の服部緑地前交差点より案内に従い、服部緑地公園・第4駐車場に向かい直進します。第4駐車場には車で約2分ほどの道のりです。

バイキングレストラン・メイブームの案内の看板

直進して行くと途中右手にうづわ池とバイキングレストラン・メイブームの案内の看板が出ています。この道を右に曲がって直進してください。

第4駐車場

直進していくと左手に第4駐車場が見えます。

最寄り駅から服部緑地公園までのアクセス

電車で服部緑地公園へ最寄り駅である北大阪急行「緑地公園駅」からお越しの場合はこちらで道順をご確認下さい。

緑地公園駅西出口

緑地公園駅西出口から地下道を通って外にでます。

緑道

地下道より外に出て緑道を直進してください。

東中央広場前

直進していくと前方に横断歩道を挟んで服部緑地公園の入り口および東中央広場が見えてきます。

服部緑地公園まで電車でお越しの際は北大阪急行が近くて便利

北大阪急行と御堂筋線地下鉄

服部緑地公園へは北大阪急行(大阪メトロ御堂筋線直通)で「緑地公園駅」からが近くて便利(徒歩5分)。

阪急電鉄(宝塚線)「曽根駅」からでもお越しいただけます。アクセス方法は以下を御覧ください。

服部緑地公園はバーベキュー場として大人気!その理由とは?

服部緑地公園は、広い敷地内に多くの遊具や施設が充実していますが、単なる公園としてだけでなく、特にBBQスポットとして人気を集めています。大阪府内外から多くの人々が訪れる人気スポットです。ここでは、その人気の理由について解説します。

豊かな自然と清潔な環境

服部緑地公園・円形花壇

“大阪府4大緑地公園”のひとつであり、府内最大の公園でもある服部緑地公園。広大な園内には豊かな自然が広がっていますが、それこそがこの公園一番の魅力であると言えるでしょう。木々や花々は季節によってさまざまな色を見せ、いつ来ても違う景観を楽しませてくれます

そのうえ施設や環境の整備、清掃が徹底されているため、清潔で快適な環境作りがなされているのもポイントです。
たとえば、トイレは21ヶ所も設置されており、新しく作られたキレイなものがほとんど。また、人々で賑わう場所はどうしてもゴミが落ちているものですが、ここではゴミを見つけることのほうが難しいくらいです。

ファミリーでもBBQがOK

谷あいの原っぱ・滑り台

服部緑地公園のBBQエリアには毎年多くのファミリーが集まっています。それもそのはず。小さな子どもがいても安心できる設備が整っているからです。

無料BBQエリア【谷あいの原っぱ】には子どもが遊べる複合遊具があり、そのすぐ近くにある無料休憩所であるレストハウスにはベビールームを完備。おむつ替え室や授乳室もあるので、赤ちゃんを連れていても困りません。

豊かな自然の中で虫取り遊びなども可能ですし、夏には水場で水遊びなども楽しめます。

BBQの予約は一切不要!夜間には花火も一緒に楽しめます

手持ち花火

服部緑地公園の無料BBQエリアは、予約なしで誰でも自由に利用することができます

それに加えて、夜間の利用が許可されているのも嬉しいポイント。夜間に利用できるBBQエリアは、全国的に見てもかなり貴重です。

花火も許可されているので、「夕方にBBQをスタートして花火で締める」というコースも実現可能です。

水場も多いので安全に楽しむことができます。ただし、花火をする場合はゴミや灰の処理をきちんと行えるように、あらかじめしっかりと準備しておきましょう。

服部緑地公園でバーベキューを楽しむ際の注意点

服部緑地公園の無料BBQエリアは、予約なしで利用できるうえに夜間利用や花火をすることが可能になっているなど、とても自由度が高いところが魅力です。

しかし、それは定められた決まりごとを守っている多くの利用者がいるからこそ成り立つこと。楽しくBBQをするにはどうすればいいのか、注意点と禁止事項について押さえておきましょう。

炭捨場・洗い場はなく、ゴミは各々で持ち帰り

バーベキューの燃えカス

BBQをやっていると炭、紙皿などさまざまなゴミが出ますが、服部緑地公園では「ゴミはすべて持ち帰り」と決められています。あらかじめ、ゴミの処分や分別について考えておきましょう。

炭捨場もないため、使用済みの炭の処理も忘れないようにする必要があります。

また、水場はありますが「洗い場」として用意されているわけではないというのもポイント。食器を洗ったりすることもできません

『でりでりバ~ベQ』ではBBQの面倒な準備、後片付けともに承りますので、ぜひお声がけください。

BBQの直火は禁止

焚火で燃え盛る炎

BBQエリアだけではなく、服部緑地公園全体で、地面にじかに薪を置いて焚き火をするなどの「直火」が禁止となっています。豊かな緑の風景が広がる広場とその周辺の美しい景観を守るためにも、絶対に守るべきルールのひとつといえます。

BBQを楽しむ際は脚付きのコンロ、グリルなどを使用して、なるべく火を地面から離すようにしましょう。

炭の放置や飛び火などにも注意する必要があるほか、花火をする場合の後始末についても要注意です。

シーズン中は混雑必至!指定エリア以でのBBQ禁止です

混雑している時の服部緑地公園

春の花見の時期や夏、秋などの行楽シーズンは、BBQのために服部緑地公園に訪れる人が急増します。

園内にある駐車場は満車になることが多く、BBQエリアも混み合っていることが予想されます。場所取りなどは、早めに行動することをおすすめします。

駐車場所を探す手間を省くためにも、混雑する時期には電車での利用がおすすめです。→電車でのアクセスはこちらから確認。

なお、BBQは“指定されたエリア以外では禁止”されています。無料で利用できるBBQエリア【ちかくの森】【谷あいの原っぱ】は予約不要。先着順で使用できるため、早めに場所取りをしておきましょう。

自然が多いため虫除け対策をしましょう

虫除け対策

服部緑地公園内には、さまざまな木々、四季折々の彩りを見せる花々など豊かな自然が広がっています。その分、虫も数え切れないほど多く住み着いています。特に夏場になると、多くの木々と水場の湿気によって虫が繁殖しやすくなります。

害のない虫も当然いますが、中には蚊などの厄介な虫が紛れていることもあるので “虫除けスプレー” は必ず持っていくようにしましょう。

蚊取り線香の使用や、腕や腰などに身に着けるタイプの虫除け道具も効果的です。

夜間利用時は真っ暗に!ランタンなどの準備が必須

夕暮れに輝くランタン

服部緑地公園は夜間の使用が認められていますが、夜の園内は外灯などもなく非常に暗くなります

手もとに灯りがないとまったく前が見えないというレベルになるので、夜間に園内を利用する場合にはかならずランタン、懐中電灯などを用意しておくようにしましょう

暗がりの中では転倒など怪我の危険があり、花火をする際には火傷や火災事故のリスクがあります。安全に楽しめるように、まずは事前の準備を万全にしておくようにしましょう。

服部緑地公園ででりでりバ~ベQを利用したときの流れ

BBQは楽しいものですが、準備や片付けなどに手間が掛かってしまいます。

「BBQの楽しいところだけを余すところなく堪能したい」という方は、ぜひ『でりでりバ~ベQ』をご利用ください!ご利用方法はとても簡単です。

予約

ご予約

当ページより、お電話または商品を選んでメール注文が可能です。お気軽にご連絡ください。

場所取り・配達・設置

場所取り・配達・設置

自分で持っていくには重たいものも、すべてこちらでご用意いたします。BBQを快適に楽しむためのベンチテーブルやイス、日除けのタープテントなどのレンタルも行っているほか、器材の設置も承ります。ご注文の際には気軽にお申し付けください。

BBQスタート

BBQスタート

お客様は“手ぶら”でBBQを楽しむことが可能です。

お支払い・回収

お支払い・回収

楽しくBBQを終えたあとの面倒な後片付けも「でりでりバーベQ」が承ります。炭に水をかけて火を消したり、ゴミを集めたり……何かと面倒なことが多いかと思いますが、それらの作業もすべて引き受けます。

服部緑地公園でBBQの美味しいところだけを味わう身軽な“手ぶらでレンタルBBQ”を楽しみたい、ゴミの処分まで面倒事は全てお任せのでりでりバ~ベQをご利用ください。

→服部緑地公園限定プランが2500円(タープテント付)で利用可能です。

服部緑地公園でバーベキューをするならこれが必須

主要機材

グリル・コンロ 鉄板・プレート・網 トング

→機材のことならでりでりバーベQにおまかせ!

火起こしに必要なもの(ガスグリルも便利)

着火剤 軍手
チャッカマン うちわ

調理や飲食で使う道具

クーラーボックス ボウル ザル
包丁・ナイフ まな板 コップ
取り皿・盛り皿 アルミホイル
ゴミ袋 ビニール袋 ウエットティッシュ
ティッシュ ラップ

その他

レジャーシート イス テーブル
サンシェード 洗剤 スポンジ
虫よけスプレー 虫刺され薬 日焼け止め
アウトドア玩具

服部緑地公園限定のお得なレンタルバーベキュープランをご用意

でりでりバーベQでは、服部緑地公園でよりお得にBBQを楽しむことができるよう「服部緑地公園限定セット」をご用意しております。ここでしか味わえない特別なBBQを、ぜひお楽しみいただければと思います!

服部緑地公園限定セット詳細

上記3エリア限定のセットです!1日10組、100名様までの早いもの勝ち!!
10~50名様にオススメです!
服部緑地公園でバーベキューをする予定の方は、でりでりバーベキューにお任せください!

セット内容1
服部緑地公園に限り
でりでりセットが2,500円に!

大阪城・西中島地区限定セットもございます。
セット内容2
1組につき1本まで
タープテントをサービス!

※大阪城は1貼り2,000円で対応します

ルール

セット内容(10名様の例)

付属機材

付属機材
アルミテーブル 3台 2人用ベンチシート 5脚
バーベキューコンロ 1台 炭 6キロ
網 1枚 はし、皿、おしぼり、紙コップ 人数分+予備
食材用クーラーボックス 1つ 飲み物用クーラーボックス 1つ
ブルーシート(1.8m四方) 1枚 ごみ袋 2枚
鉄板 1枚

タープテント(追加は1つ2,000円 このセットご注文の方のみ。)

食材

食材
和牛カルビ 国産豚カルビ
国産鶏もも 和牛ホルモンミックス
国産ウィンナー 野菜盛り合わせ
焼きそばセット

※ご注文の人数により、数量は変動いたします。
※お肉だけで330g

でりでりバ~ベQのレンタルご利用者様の声

    でりでりバ~ベQブログ更新一覧

      服部緑地公園はバーベキュー以外にも楽しめる施設が盛り沢山

      BBQができるのはあくまでも服部緑地公園の一部のエリアのみ。広大な敷地内には、そのほかにもさまざまな施設があります。ここでは、そんなBBQエリア以外の施設についてまとめます。

      公園での1日をより楽しむために、ぜひチェックしてみてください。

      ※服部緑地公園PDF(http://hattori.osaka-park.or.jp/files/6713/9761/9391/hattori_a.pdf)より引用

      公園案内

      季節の移り変わり、花々の彩りを堪能できる服部緑地公園。そんな自然の美しさを活かした設備が園内には数多く見られます。ここでは、特にそのような“自然の美しさ”を味わえる施設を紹介します。

      円形花壇

      円形花壇

      服部緑地公園の中央に位置している円形花壇は、昭和34年(1959年)、当時の皇太子殿下御成婚を記念して整備された歴史を持ちます。

      円形花壇の中心は噴水があり、その周囲をさまざまな花が彩っています。彫刻や古墳などが独特のムードをかもし出している点が大きなポイントです。

      フラワー通り

      フラワー通り

      円形花壇と西中央広場をつなぐ道は、両側に美しい花々を咲かせる下段が設置されていることから、フラワー通りと呼ばれています。

      何の花が咲いているのか教えてくれる「フラワー通り花色ずかん」が花壇に配置されているので、そちらもチェックしてみてください。

      西中央広場

      西中央広場

      西中央広場は、服部緑地公園の西側入口に位置しています。昭和58年(1978年)に開催された「第1回全国都市緑化フェア」のために整備された広場です。

      中心部には、高さが約12mにも及ぶフラワータワーがそびえ立っており、周辺には飲食物の売店もあります。

      緑道

      緑道

      緑地公園駅を降りてすぐにある緑道は、服部緑地公園東側入口の東中央広場につながっています。

      両側にある大きな木々がトンネルのようになっているため、「緑のトンネル」とも呼ばれています。

      季節によっては桜や紅葉が美しく色づき、秋には金木犀が甘く香ります。

      東中央広場

      東中央広場

      緑道の緑のトンネルを抜けると、服部緑地公園の東側入口に位置する東中央広場があります。

      中央には大きな噴水彫像「白昼夢」があります。彫刻家・福岡道雄の手になるこの彫像は平成3年(1991年)に寄贈されました。

      こどもの楽園

      こどもの楽園

      大きなタコを模したすべり台が特徴的な大型遊具があるエリアです。日々多くの子どもで賑わうこどもの楽園の一番の目玉遊具は、長さ20mのローラースライダー。このローラースライダーを滑りたいがため、長蛇の列が作られることも珍しくありません。

      いなり山児童遊戯場

      いなり山児童遊戯場

      公園の北東部に位置するいなり山児童遊技場は、別名「ガリバー公園」。

      砂場に直接つながった2つの大型すべり台は、左右にあるロープや中央の凸凹階段を使ってのぼる仕組みになっており、子どもたちに大人気です。

      松林

      松林

      松の名所としても名高い松林は、「とよなか百景」に“潤いあふれる景観”として登録されています。

      天竺川と高川に沿って並んでいる松林は特に見どころで、芝生とも相まって鮮やかな緑が美しい幻想的なエリアです。

      民家集落南広場

      民家集落南広場

      日本民家集落博物館の南側にある広場で、リサイクルフェアやドッジボール大会など時期によってさまざまな催し物が開催されている多目的広場です。服部緑地公園を訪れる前にイベント情報を確認してみてはいかがでしょうか。

      施設案内

      服部緑地公園はBBQエリア以外にも充実した施設が人気です。

      植物園や博物館、プールに競技場など、同じ公園内だとは思えないほど幅広いタイプの施設があり、さながら小さな街のように整備されています。

      レストランやレストハウスで疲れた身体を癒しつつ快適に楽しみましょう。

      都市緑化植物園

      都市緑化植物園

      花と緑に囲まれたレクリエーション空間。四季の変化に富んだ草花によるフラワーフェスタ、マッサージ教室、ヨガセラピーなど、植物に囲まれた癒しの空間でよりリラックスするためのイベントも開催されています。

      メイブーム

      レストラン【メイブーム】

      ベルギーのブリュッセルでもっとも古く伝統ある祭、「メイブーム」の名を冠するレストラン。

      お昼は焼き立ての本格ベルギーワッフルを提供する半ビュッフェタイプの料理を提供している一方、夜はプレミアムビールがおいしい高級志向のビアレストランへと変わります。

      ウォーターランド

      ウォーターランド

      緑に囲まれたプール施設。都会にありながらリゾート感あふれる広々とした作りになっています。

      4種類のプールを楽しむことができますが、特に人気なのが大きな「ウォータースライダープール」です。

      身長120cm以上の方であれば何度でも無料で使用できます。

      日本民家集落博物館

      日本民家集落博物館

      日本各地の昔ながらの民家を移築・復元し、展示している野外博物館です。北は岩手から南は鹿児島の奄美大島まで、全国の懐かしい和の風景を間近で体感できます。

      時期によって、お茶会や体験教室などのイベントも行われています。

      身長120cm以上の方であれば何度でも無料で使用できます。

      野外音楽堂

      野外音楽堂

      総工費16億円をかけて建設された音楽堂で、毎年夏にはロックフェスやファミリーコンサートが開催されています。座席数は1700席にも及び、最上部は芝生作りになっているためさらに1000人の収容が可能。野外音楽堂ならではのスタイルで極上の音楽を楽しめます。

      競技場

      スポーツ施設・競技場

      第三種公認陸上競技場、テニスコート、軟式野球場、人工芝サッカー場、また2つの多目的広場が用意されています。使用の予約はスポーツ施設情報システム「OPAS」から行うことができます。

      施設によって利用可能な時間帯や料金が異なるので、利用する際には注意しましょう。

      服部緑地乗馬センター

      服部緑地乗馬センター

      大阪府内外から多くの人が足を運ぶ関西有数の大型乗馬クラブです。

      さまざまなコースが用意されているので、初めての方でものびのびと乗馬を楽しむことができます。乗馬体験教室やポニーとのふれあい会など気軽に利用できるイベントも多数行われています。

      レストハウス

      レストハウス

      円形花壇のすぐそばにあるレストハウスは公園利用者の憩いの場となっています。

      レストハウス自体は無料で利用できますが、一階には軽食を販売している売店や喫茶店があります。

      また、2階はベビールームが用意されており、赤ちゃん連れのファミリーも安心です。

      BBQスポット一覧に戻る